生前整理のススメ~やり方とメリット、注意点も

生前整理のススメ~やり方とメリット、注意点も

「生前整理」という言葉を耳にしたことはありませんか。

実際にどんなことをするのか、詳しく知らない方も多いと思います。

こちらでは、生前整理の具体的なやり方を始め、生前整理のメリットや注意点について紹介します。

生前整理とは?

生前整理とは?

生前整理とは、自分が亡くなった後に残された家族が困らないよう、財産や住空間など身辺をある程度整理しておくことをいいます。

具体的には、財産を把握する、断捨離をする、契約関係の書類をわかりやすくまとめておく、遺言書を作成するなどです。

また、お葬式の形式やお墓についての希望を明確にして書き記しておくことも生前整理に含まれます。

このように生前整理の内容は多岐にわたるので、時間的にも体力的にも余裕があるうちに、少しずつ行うことがおすすめです。

生前整理のメリット~家族と自分のために~

生前整理のメリット~家族と自分のために~

生前整理は、「残された家族のため」だけではなく「残りの人生を豊かに生きる」という自分のためになるメリットもあります。

家族のために
亡くなった方の遺品整理は想像以上に大変です。
何も準備をせずに亡くなってしまうと、判断のつかない遺品の整理に、家族は精神的にも肉体的にも大きな負担を負ってしまいます。
また財産や相続についても整理をしておくことで、家族同士が争う相続トラブルを未然に防ぐことができます。
自分のために
思い出の品を片付けることは、これまでの人生を振り返る、いわゆる「人生の棚卸」になります。本当に必要なものだけが残り、生活をシンプル化することができます。
また物だけでなく、これまでの人間関係やお金、時間などの問題を片付けることで、残りの人生を豊かに安心して過ごせます。

生前整理のやり方

生前整理は、ものを片付けるだけと思いがちですが、うまく進めるための大切なポイントがあるので紹介します。

必要なものと不必要なものを分ける
今後必要なものと不必要なものに分けることで、自分が何を持っているかを把握します。不必要なものは全て捨てなくてはならないわけではありません。
「不要だけど捨てたくないもの」は、それだけをまとめておき、

  • 1年以上そのままだったら捨てる
  • 自分が死んだら一緒に処分してもらう

などのルールを決めておきましょう。

財産目録を作る
財産目録の作成=お金関係の整理です。
現金、預貯金、不動産、証券などの財産を事前にまとめておくことで、家族間のトラブルを防ぎ、相続にかかる税金についてもわかりやすくなります。また財産を早めに把握することで、相続税の対策を行うことも可能です。
生前贈与などの税金対策もできるので、必要な場合は専門家に相談してみましょう。
遺言書を作る
財産が把握でき、その財産の行方について自分の考えを残しておきたいときは、遺言書を作成しておくことが重要になります。
遺言書がなくても、民放の規定に従って遺産分割は行われます。そのため必ずしも遺言書は必要なものではありません。
しかし「相続人以外の人に財産を引き継ぎたい」「特定の財産を特定の人に残したい」という場合には必要になります。法的効力を持った書面になるので、弁護士や公証役場のサポートを受けるなどして作成する必要があります。
エンディングノートを作る
エンディングノートは、大切な人へのメッセージを記しておくものです。
具体的には、プロフィールや財産、それ以外にもお葬式やお墓のことなど。
自分が亡くなった後に希望すること、また遺族への想いなどを伝えることができます。
遺言書と違い法的効力はないので、遺言書を作るほどの気構えができていなくても、ノートに書き留めておく程度のものでもいいです。書店などで扱っているものもあります。

生前整理の注意点

元気なうちに
高齢になってから行うと、体力の衰えから怪我をしてしまったり、気力が続かずなかなか進まないこともあります。また判断の衰えでものや財産の整理が最後までできないと、遺言が作成できなくなる場合もあります。
元気なうちに行うことで、安全にスムーズに進めることができます。
少しずつ
一度にすべての持ち物を整理しようとすると、あれもこれもと手をつけすぎて収拾がつかなくなってしまいます。また早く終わらせようと焦って行うと、重要な書類が入っていることに気づかず処分してしまう可能性もあります。
生前整理自体が負担にならないよう、じっくり時間をかけて焦らず丁寧に進めましょう。
家族にも協力してもらう
自分一人でやると、処分の判断に迷うことがあります。また荷物の持ち運びなどがあると順調にすすまないこともあります。家族や知人に協力してもらいましょう。

生前整理も業者に頼める!

生前整理も業者に頼める!

生前整理は、家族や知人に手伝ってもらい進めることもできますが、

「家族が忙しい」

「家族と予定が合わない」

「知り合いにプライベートを知られるのは嫌だ」

など、様々な事情から一人でやらなくてはならないこともあると思います。

そんなときは生前整理を行える業者に依頼するのもおすすめです。

メリット
  • 仕分けがスムーズにすすむ
  • 不用品の買取をしてくれる業者もある
  • 業者によっては不動産業者や法律の専門家と提携し専門的なアドバイスがもらえる

依頼する際は事前に見積りをとり、丁寧な対応をしてくれるかしっかり確認しましょう。